ルールを守って正しく有効的に活用してみよう

どんな効果を得られるのか

通話する女性 相談電話を利用するには比較してからにしましょう。どこの相談電話が評判となっているのか調べてみるのです。評判の良いところを利用した方が安心です。また、どんな効果を得られるのか、体験談なども参考にして選びましょう。

詳しく見る

サービスの利用方法

受話器 精神的なことで問題が生じたら、心療内科や精神科で無料開設をしている相談電話を利用してみるといいでしょう。電話なら面と向かわずに済むのでどんなことでも相談しやすくて便利です。サービスを存分に活かしましょう。

詳しく見る

依存症の視点

受話器を持つ女性 現代の問題でもあるインターネット依存の可能性がある場合には、家族が相談電話でアドバイスをもらうことも必要となります。負のサイクルになってしまうと学校へもいかなくなりますので、医療機関で治療をすることもひとつの方法です。

詳しく見る

特徴を確認する

固定電話

利用目的を明確にする

心療内科や精神科で提供しているサービスの一つに、無料の相談電話があります。これはどこでも行っているわけではないので、利用したい場合にはホームページで確認してからにしましょう。電話で問い合わせをしてみるのもいいかもしれません。また、相談電話を利用することによって多少は症状が緩和されることもあります。心療内科や精神科を受診することなく、症状が改善されるのならそれに越したことはありません。まずは試しに利用してみるのもいいでしょう。もちろんいたずら心で利用することは良くありません。誰でも利用できると勘違いしている人も居るので、本当に必要な人だけが利用できるように配慮することをおすすめします。何時間も電話回線を遮断するような使い方は避けましょう。それから、利用時間帯が決まっているのでこの点も注意しなくてはなりません。通常、日中に行われています。専用ダイヤルとなっているので、誰かに邪魔されることはありません。話したい内容をあらかじめまとめておけば、スムーズに時間内に会話ができます。相談内容はメモをしておきましょう。相談することで心が軽くなり、気持ちが前向きになれることもあります。こうなってくれば問題ありません。わざわざ受診する必要もなくなるので、心の病を発症する前の予防対策としても役立つことでしょう。気分の落ち込みが激しい人やストレスを抱えがちな人などは試してみるのもいいかもしれません。特に何度もうつ状態を繰り返している人などにも適しているサービスと言えます。かかりつけ医として利用してみましょう。

心身ともに疲弊してしまい、一人で悩みを抱え込んでしまっているという人は専門科で診てもらった方がいいかもしれません。心の病に罹っている場合には心療内科もしくは精神科で診てもらうことになります。しかし、多くの人はなかなかそう簡単には受診しません。一昔前に比べると名称が変わり身近に感じられるようになったものの、人によっては心療内科も精神科も行きにくいというイメージがついているからです。そこでおすすめなのが無料サービスの利用です。例えば、ある心療内科では無料の相談電話サービスを設けています。受付時間内ならいつでも無料で電話にて相談を承っているのです。電話なら気兼ねなく相談できるという人も居ることでしょう。このような人にとっては打ってつけのサービスと言えます。しかし、誰でも適当に利用できるわけではありません。ルールを守って正しく利用することが大事です。受付時間外に電話をするのはマナー違反なので、最低限、時間は守りましょう。それから、一人で何時間も電話を占領するというのもマナー違反です。無料でお得だからという理由で自分本位に相談電話を専有しないように気をつけましょう。場合によっては一人何分というように時間が決められていることもあります。利用前に利用方法は一通り確認しておくことが大事です。この手のサービスは心の病かどうか分からないものの何らかの悩みを抱えていたり、日常生活に支障が出るほどの体調不良を抱えていたりする人に適しています。まずは心を軽くするためにも電話をかけてみましょう。

Copyright© 2019 ルールを守って正しく有効的に活用してみよう All Rights Reserved.